遺産分割協議がうまくまとまらない時には

遺産分割は相続人全員の合意が必要ですが、まとまらない場合は法律の力を借りることもできます

遺産分割において相続人同士で争いが起きないために
公平に遺産分割をするための法定相続分が法律で定められています。
“遺産分割協議がうまくまとまらない時には”の詳細は »

都合の悪い遺言は隠してしまえば良いのか

遺言書が自分に不利な内容であったとき、隠したり捨てたりすると民事上の制裁が科せられます。

相続人が発見した遺言書を隠したり捨てたりしてしまった時、その人には
何か制裁があるのでしょうか。
“都合の悪い遺言は隠してしまえば良いのか”の詳細は »

登記済証と登記識別情報

不動産の所有者であることを証明するものは登記済証という書類から登記識別情報へと替わっています。

以前は不動産の登記が完了すると、権利を取得した者にのみ法務局から
登記済証が発行されていました。権利証といわれるものです。
しかし、現在はこれに変わるものとして登記識別情報が通知される
ようになっています。
“登記済証と登記識別情報”の詳細は »

相続争いを防ぐために準備できることがあります

揉め事の火種を作らないためにも、事前にできるだけ準備をしておきたいものです。

人が死んだときから相続が始まります。
そして遺産のことになると金額の大小にかかわらず、揉め事が発生する
ことが多いのです。
では、遺される側の争いを避けるためにできる準備はあるのでしょうか。
“相続争いを防ぐために準備できることがあります”の詳細は »

遺産分割がまとまらない時の解決方法は

遺産分割協議がまとまらないときには家庭裁判所に申し立てて判断を仰ぎます。

遺産分割がまとまらない場合、解決方法には調停があります。
調停では家庭裁判所がモメている相続人の間に入って話し合いをまとめていきます。
遺産分割では相続人同士の利害が対立し、相続人全員で合意をするのが難しくなる
ことがあります。
このような場合に家庭裁判所に申し立てて判断を仰ぐことになります。

“遺産分割がまとまらない時の解決方法は”の詳細は »

相続手続は90種類もある

亡くなった方の名前が付いているもの、すべて精算するお手続きが相続だとも言えるでしょう。

お身内を亡くされると、必ず待ち受けているのが、「相続手続き」です。
では、相続手続きって、何をすればいいのでしょう。
“相続手続は90種類もある”の詳細は »

重要になるのが相続の手続きと遺言の効力

相続の遺言にはきちんと有効であるための書き方、作り方がありますよ

多くの方は、子どもたちや遺族が自分の財産をめぐって争うということを望む人はまずおらず、そんなことなど想像もしないでしょう。
しかし、人というものはお金が絡むとさまざまな局面にぶち当たるもので、相続をきっかけに一気に、家族関係が断絶するということは日常茶飯事なことなのです。
“重要になるのが相続の手続きと遺言の効力”の詳細は »

相続と代償分割について

遺産の分割に当たって共同の相続人などのうちの1人又は数人に相続財産を現物で取得させ、その財産を取得した人が他の共同相続人などに対して債務を負担する仕組みですよ

相続で均一に財産が回らない場合、現物分配などの場合は「アッチはこんなに貰っているのにこっちは少ない」「ずるい」などぴったり分けられないことが多い相続では争いの原因となります。
“相続と代償分割について”の詳細は »

相続は財産があるお家だけの問題ではないですよ

相続財産には自宅や証券などの現金以外も含まれますので注意

相続と聞くと「うちは財産ないから関係ないや!」とか「お金持ちだけの問題でしょ?」と思っていませんか?皆さんイメージがドラマや映画の「大金持ちが亡くなってその周りに群がる財産争い、骨肉のドロドロ!」と想像してしまうからではないかと思います。しかしながら、相続はお金持ちの問題だけではありません。
“相続は財産があるお家だけの問題ではないですよ”の詳細は »